一生に一度の最高の結婚式にしたい貴女のために

MENU

招待状の宛名などは自分で手書きした方が喜ばれる

スポンサーリンク

忙しい中、時間を作り多くの友人や知人などのお世話になった人が結婚式及び披露宴に足を運んでくれることになるでしょう。

 

結婚式に来て欲しい旨を伝える招待状は心を込めて送り届けなければなりません。

 

その招待状の宛名などはできるだけ自分の手で書くようにしてください。


招待状の宛名などを書く方法は幾つかあります。式場に頼んでしまう方法と、式場とは別の宛名書きなどを専門に取り扱っている業者に頼んでしまう方法と、そして新郎新婦が自分たちで書く方法です。

 

そして絶対にやってはいけないのがプリンターで印刷する方法と、ダイレクトメールなどに見られるシールを貼って送る方法です。

 

プリントやシールは非常に楽ではあるのですが、しかし日本における常識では結婚披露宴の招待状の宛名としてはふさわしいものではありません。

 

むしろ常識がないと思われてしまうことにも繋がるので避けてください。

スポンサーリンク

式場に頼んだり業者に頼んだりすると非常に綺麗な招待状に仕上がります。

 

文字を書くプロが代筆してくれるので当然なのですが、しかし送られた方は当然気付くことになるでしょう。

 

新郎新婦と関係が深い人が集まるわけですから、それが誰の字なのか、というよりも新郎新婦の字ではないということは容易に想像がつくと思います。


そこまで綺麗ではなくてもいいので新郎もしくは新婦、もちろん二人で分担してもいいのですが、自分たちの手で書いた方が気持ちも伝わりますし、そして何より喜ばれるでしょう。

 

結婚式の準備で忙しいとは思いますが、できるだけ自分の手で招待客の住所や名前を書くようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

結婚式の準備が一番重要になる
結婚式の計画は二人で悔いの残らないように話し合う
招待客のリストアップは特に重要
招待状を出す前にあらかじめ結婚報告をしておく
招待状はなるべく直接会って手渡しする
招待状は式の2か月前の大安に送付するのがベスト
招待客次第で式の雰囲気が変わる
招待客に喜んでもらえるプログラムを組む
席次が一番重要と言っても過言ではない
ドレスや衣装は後悔しないように慎重に選ぶ
ドレスは何度も試着して気に入ったものを着ましょう
ドレスやタキシードにはブーケやブートニアは付き物なので合わせて選びましょう
披露宴のプログラムやBGMも重要ポイント
結婚式で流すBGMは二人で厳選して決めましょう
結婚式の演出は二人でアイディアを出し合う
遠方の参列者の宿泊場所はミスがないように確保する
写真やビデオは綺麗に残せるようにカメラマンにお願いする
司会をお願いする担当者は気の合う人を選ぶ
祝辞は一番親しい友達にお願いする
受付係は仲が良く明るい人にお願いしましょう
引き出物はお祝い返しですので慎重に考えて選びましょう
招待客が楽しみにしている料理は美味しい物を選びましょう
子供や年配の方の料理は一部メニューを変える