一生に一度の最高の結婚式にしたい貴女のために

MENU

招待状はなるべく直接会って手渡しする

スポンサーリンク

結婚式に来てもらいたい人には招待状を送らなければなりません。

 

その招待状によって結婚式や披露宴などの日取りをお知らせし、そしてそれらに出席できるのかどうかを伺う役目も果たしてくれます。

 

その招待状ですが、これはできるだけ郵送ではなく直接会って手渡しするように心がけてください。


招待する人数が多い場合は、全ての人に直接会って招待状を渡すのは非常に難しいでしょう。

 

さらに遠方に住んでいる人にも披露宴等に出席してもらいたいと考えている場合も招待状を手渡しするのは容易ではありません。

 

そういった物理的に難しい状況である場合は無理に直接会おうとしなくても構いませんが、もし自分の生活圏にいる人に招待状を渡す予定であるならば可能な限り顔を合わせて口で詳細を伝え、その上で招待状を渡すようにしましょう。

スポンサーリンク

特にスピーチを頼んだりする予定がある人には直接届けることを心がけるようにしてください。

 

披露宴においてスピーチなどは非常に大きな役割を担います。

 

人によってはプレッシャーになったり、忙しい時間を割いてそのスピーチの用意をしてくれるわけですから、その依頼する役目も含め、事前に依頼をしているのであればお礼なども含めて改めて招待状を持参しその人の元へ訪れるようにしましょう。


これだけで誠意が非常に伝わります。ただ依頼してそこで終わりというわけではなく、行動にその感謝などの意味を込めることで結婚式も非常に素晴らしいものになることでしょう。

 

どうしても来て欲しいと願う人にも招待状は直接会って手渡しするようにしてください。

 

ただ郵送で送ってしまうのとは違い、より招待したいという気持ちが伝わるので大きな意味があるはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

結婚式の準備が一番重要になる
結婚式の計画は二人で悔いの残らないように話し合う
招待客のリストアップは特に重要
招待状を出す前にあらかじめ結婚報告をしておく
招待状の宛名などは自分で手書きした方が喜ばれる
招待状は式の2か月前の大安に送付するのがベスト
招待客次第で式の雰囲気が変わる
招待客に喜んでもらえるプログラムを組む
席次が一番重要と言っても過言ではない
ドレスや衣装は後悔しないように慎重に選ぶ
ドレスは何度も試着して気に入ったものを着ましょう
ドレスやタキシードにはブーケやブートニアは付き物なので合わせて選びましょう
披露宴のプログラムやBGMも重要ポイント
結婚式で流すBGMは二人で厳選して決めましょう
結婚式の演出は二人でアイディアを出し合う
遠方の参列者の宿泊場所はミスがないように確保する
写真やビデオは綺麗に残せるようにカメラマンにお願いする
司会をお願いする担当者は気の合う人を選ぶ
祝辞は一番親しい友達にお願いする
受付係は仲が良く明るい人にお願いしましょう
引き出物はお祝い返しですので慎重に考えて選びましょう
招待客が楽しみにしている料理は美味しい物を選びましょう
子供や年配の方の料理は一部メニューを変える