一生に一度の最高の結婚式にしたい貴女のために

MENU

親族・上司には食事などを兼ねて結婚報告をする

スポンサーリンク

結婚を決めたら親族やお世話になっている上司などに報告をしなければなりません。

 

結婚式を行う前にしっかりと報告をしておくことで、心からお祝いをしてもらい、結婚式が行われるということを暗に伝えることもできます。

 

特に社内恋愛を経て結婚した場合などは上司に結婚式で挨拶をお願いすることもあるでしょうから、事前にしっかりと報告をしておいてください。


親族に仲人がいる場合なども同様に、媒酌人などの依頼をすることになる人には早めにしておきましょう。

 

親族に報告をする場合、そして上司に報告をする場合共に、食事などを兼ねて結婚報告をするといいでしょう。

 

食事をしながらの報告はその場を和ませますし、非常に良い雰囲気で報告をすることができるはずです。

 

そうでなくても祝福はしてくれるでしょうが、何もない状況で単に報告するのではなく、しっかりとテーブルを囲み報告をするということが大事になってきます。

スポンサーリンク

もし結婚式の日取りなどが決まっているのであれば、それも合わせて報告をし、先輩である親族や上司にアドバイスを頂くのもいいかもしれません。

 

年長者の意見というのは大事にするようにしてください。

 

式だけではなく、結婚生活についても良い助言をいただくことができるでしょう。

 

そういった言葉を貰うことができるのも食事の席ならではです。


何よりもお世話になったという気持ちを丁寧に伝えることができます。

 

結婚報告をする親族や上司というのはもちろん結婚式にも足を運んでもらうことになるはずですから、適当な挨拶ではなく、気持ちを込めて食事を兼ねた報告をする必要があるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加