一生に一度の最高の結婚式にしたい貴女のために

MENU

結婚報告は女性側の両親からするのが常識

スポンサーリンク

結婚相手や結婚するタイミングなどを親や親族などの都合により、つまり許婚という形で結婚をしたりするわけではなく、実際に結婚をする二人の意志でする人が、ほとんどだと思います。

 

結婚を決めると結婚式場を探したり、披露宴の日取りを決めたりなども自分たちでどんどん進めることになるかもしれませんが、その前にお互いの両親に対して結婚することを報告しておかなければなりません。


場合によっては、了承を得るという意味合いも含まれるでしょう。それをせずに予定だけ決めていき自分たちのみで全てを進めていくのは両親に対しても失礼ですし、もし結婚が認められないと一方の親が言い出せばせっかく押さえた式場もキャンセルしなければならないという事態にもなりかねません。

 

事後報告ではなく、結婚式を具体的に予定する前に必ず両親に結婚報告を行いましょう。

スポンサーリンク

結婚報告の際に気を付かなければならないのが結婚報告をする順番です。

 

今ではそこまで厳しいことは言われませんが、しかしやはり女性側の両親から先に挨拶に行くのが常識です。

 

新郎側が女性の実家に足を運び、そこで新婦側の両親にまずは結婚報告をするというのが日本では礼儀となっているので間違わないようにしなければなりません。


これは多くの場合、男性の家に女性が入ることになるので、女性を頂くという意味でもまずは女性側の両親から報告に伺うのがいいでしょう。

 

その後は、もちろん女性も一緒に男性側の両親に挨拶をすることになります。

 

どのような挨拶にするのかは、それぞれのカップルによって違いはあるでしょうが、結婚報告と共に了承を得るという心構えを忘れないようにして挨拶に行くようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加