一生に一度の最高の結婚式にしたい貴女のために

MENU

司会をお願いする担当者は気の合う人を選ぶ

スポンサーリンク

結婚式の肝になるのが司会者です。

 

司会者の進行次第、仕切り次第で式がスムーズにいくか、それともダラダラとした感じが出てしまうかが決まります。

 

その司会者にはできるだけ気の合う人を選ぶようにしましょう。

 

できれば新郎か新婦の友人であることが望ましいです。


結婚式の司会者はもちろんプロの司会者に依頼しても構いません。

 

しかし、友人に頼むことで多くのメリットが生まれます。

 

やはり式全体の雰囲気が明るくなるという点。

 

新郎と新婦の友人が司会者であればその司会者を知っている人が参列者の中にも多くいるはずです。

 

そうであれば司会者は参列者の雰囲気なども知っているでしょうし、参列者も司会者に協力的になるでしょう。

スポンサーリンク

プロにお願いをするよりも結婚式の経費削減になりますから予算が厳しいカップルにはとても助かるはずです。

 

新郎と新婦にも気を遣って進行してくれるはずですし、新郎と新婦が何よりも安心して座っていられるというのも気の合う人を司会者に抜擢するメリットでしょう。

 

気が合えば誰でも良いという訳でもなく、例えば滑舌が良く話が聞き取りやすいというのは司会者をする人にとっては必須の能力なので最低限押さえておかなければなりません。

さらに場の空気を読むことができ、臨機応変に様々なことに対応できる能力も求められるでしょう。

 

結婚式に友人を何人も呼ぶ予定の人は、その中に一人くらいはそういった才能を持った人がいると思いますから、是非依頼してみてください。

 

司会者で結婚式の雰囲気が変わります。できるだけ身近で気が許せる人を選択してみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

結婚式の準備が一番重要になる
結婚式の計画は二人で悔いの残らないように話し合う
招待客のリストアップは特に重要
招待状を出す前にあらかじめ結婚報告をしておく
招待状の宛名などは自分で手書きした方が喜ばれる
招待状はなるべく直接会って手渡しする
招待状は式の2か月前の大安に送付するのがベスト
招待客次第で式の雰囲気が変わる
招待客に喜んでもらえるプログラムを組む
席次が一番重要と言っても過言ではない
ドレスや衣装は後悔しないように慎重に選ぶ
ドレスは何度も試着して気に入ったものを着ましょう
ドレスやタキシードにはブーケやブートニアは付き物なので合わせて選びましょう
披露宴のプログラムやBGMも重要ポイント
結婚式で流すBGMは二人で厳選して決めましょう
結婚式の演出は二人でアイディアを出し合う
遠方の参列者の宿泊場所はミスがないように確保する
写真やビデオは綺麗に残せるようにカメラマンにお願いする
祝辞は一番親しい友達にお願いする
受付係は仲が良く明るい人にお願いしましょう
引き出物はお祝い返しですので慎重に考えて選びましょう
招待客が楽しみにしている料理は美味しい物を選びましょう
子供や年配の方の料理は一部メニューを変える