一生に一度の最高の結婚式にしたい貴女のために

MENU

祝辞は一番親しい友達にお願いする

スポンサーリンク

スピーチと呼ばれることもありますが、結婚式では祝辞が欠かせません。

 

文字通り祝いの言葉を意味する祝辞ですが、これは最も親しい友人にお願いしましょう。

 

仲が悪い友人にお願いすることはないと思いますし、そもそもそういった人は結婚式には呼ばないと思いますが、やはり祝辞というのは感動を呼ぶことになる場面でもありますから、『この人には心から祝って欲しい』と思う大切な友人にお願いする以外は考えられません。


祝辞は一人だけではなく場合によっては数人にお願いすることになりますが、友人全てにお願いする訳にもいきません。

 

慎重に選ぶべきところですが、ご自身で『この人』と思う人がいるはずですから、その人にはお祝いの言葉をもらうようにしてください。

 

必ず心に響くことになります。

 

とても大きな思い出としてその結婚式が残ることにもなるでしょう。

スポンサーリンク

結婚式でスピーチをするということは非常に大きなプレッシャーであり、とても大きな緊張に襲われますから友人に祝辞を依頼すると少しためらうかもしれません。

 

しかし、どうしてもその人にお願いしたいという気持ちを誠心誠意伝えることで快く引き受けてくれるはずです。

 

最も親しい友人というのは恐らくそういった関係にある人でしょう。


祝辞は誰に言ってもらっても別に問題はないのですが、それを受け取る側、つまり新郎や新婦にとって非常に大きなものになるわけですから絶対にこだわりを持った人選を行うようにしてください。その結婚式がとても心に深く刻まれるかどうかはこの祝辞にかかっています。

 

一人一人の祝辞は決して長い時間ではありませんが、しかし他のどんなものよりも心に残るので、最も親しい友人にその大役を務めてもらいましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

結婚式の準備が一番重要になる
結婚式の計画は二人で悔いの残らないように話し合う
招待客のリストアップは特に重要
招待状を出す前にあらかじめ結婚報告をしておく
招待状の宛名などは自分で手書きした方が喜ばれる
招待状はなるべく直接会って手渡しする
招待状は式の2か月前の大安に送付するのがベスト
招待客次第で式の雰囲気が変わる
招待客に喜んでもらえるプログラムを組む
席次が一番重要と言っても過言ではない
ドレスや衣装は後悔しないように慎重に選ぶ
ドレスは何度も試着して気に入ったものを着ましょう
ドレスやタキシードにはブーケやブートニアは付き物なので合わせて選びましょう
披露宴のプログラムやBGMも重要ポイント
結婚式で流すBGMは二人で厳選して決めましょう
結婚式の演出は二人でアイディアを出し合う
遠方の参列者の宿泊場所はミスがないように確保する
写真やビデオは綺麗に残せるようにカメラマンにお願いする
司会をお願いする担当者は気の合う人を選ぶ
受付係は仲が良く明るい人にお願いしましょう
引き出物はお祝い返しですので慎重に考えて選びましょう
招待客が楽しみにしている料理は美味しい物を選びましょう
子供や年配の方の料理は一部メニューを変える