一生に一度の最高の結婚式にしたい貴女のために

MENU

結婚式での二人のこだわりなどはしっかり担当者に伝える

スポンサーリンク

式場には、それぞれのカップルの担当になってくれる人がいます。

 

この担当者は余程のことが無い限り結婚式が無事に終了するまでお世話をしてくれることになります。

 

そして、この担当者の方は結婚式を成功させることが大きな仕事であり、それを生き甲斐としている人がほとんどです。


何かあれば必ずや新郎や新婦の大きな力となってくれることでしょう。

 

式場のスタッフである担当者は、できるだけ新郎新婦の意向を反映した結婚式をしたいと思っているはずです。

 

式場の意向などに沿う形ではなく、新郎や新婦から出てきたアイデアを元に演出をしたりプログラムを組んだりするのですが、もし結婚式に関して強いこだわりがあるのであれば担当者に臆することなく伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク

『もしかしたら無理なお願いなのではないか』と思ったとしてもダメ元で担当者に伝えるようにしてください。

 

難しいことでもできるだけその意見を尊重し結婚式を作り上げようとしてくれるはずです。

 

二人のこだわりを伝えずに結婚式を行ってしまうと一見素晴らしい結婚式に見えても、新郎と新婦にとってはなんだかモヤモヤしたものが残ってしまう可能性もあります。


そういったことが全く無いようにするためには、捨てきれないこだわりは必ず担当者に伝えるようにしなければなりません。

 

伝えた上でそのこだわりが反映できなさそうなのであれば代替案を考えるなどして少しずつ式の形を固めていけばいいのです。

 

担当者にこだわりや意向を伝えないという選択肢だけは選ばないようにしてください。これは最高の結婚式を挙げるためのポイントなので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加